クリーニング店「ホワイト急便」に行き、PayPayを使って支払いしてきました。

PayPayを使った支払い方法がどのお店でも同じなのかわかりませんが、今回わたしが実際に行ってきた店舗でのお話をします。

補足

2019年10月時点でホワイト急便ではLINE Pay(ラインペイ)での支払いにも対応しています。
LINE Payで支払いする方法はこの記事でご紹介するPayPayと同じようにお店においてあるLINE Payの店舗QRコードをスマホのLINE Payアプリのカメラで読み取って金額を入力するやり方です。

特に、まだあまりスマホ決済に慣れていない方にとって参考になるかと思いますので、しっかり確認していきましょう!

スポンサーリンク

ホワイト急便でPayPayを使ってQRコード決済を体験した。

スーツのズボンをクリーニングに出したかったので土曜日の朝一番(9時)に、近所にあるホワイト急便へ行きました。

店の前には「ペイペイ使えます」ののぼりや旗が取り付けられていました^^

店内でスーツを渡して会計してもらい無事にPayPayで支払うことができたのですが、決済のやり方がいつも使っている方法とちょっと違ったので少し戸惑いましたね。。。

とはいえ支払いに必要なのはPayPayアプリがあれば問題ないのでスマホだけもっていれば大丈夫です。もちろん、チャージ残高は確認しておきましょう。

それでは、ホワイト急便でPayPayで支払いする方法と、使ってみてわかった注意点などについて次にご説明します。

ホワイト急便でPayPayを使ってわかった注意点とポイント。

前述しましたが、PayPayを使って決済するやり方が他の店で使う方法とちょっと違ったんですね。

PayPayで支払いの際に注意すべきこと

それが何かと言いますと

いつもの使い方だったら

「自分のPayPayのコード画面をお店のレジでスキャンしてもらう。」

これだけで決済は完了しますよね?

それが今回行ったホワイト急便では違ってて、お店のカウンターに置いてあるPayPayのQRコードをスマホで読み取るところから始めるんです。

PayPayのバーコードがカウンターに置いてありました

しかも、クリーニング代金をPayPayアプリ画面に自分でポチポチ入力して、支払いを実行する操作までをやることになります。

実際やってみて、そこまで面倒ってほどのことはなかったんですが、金額の打ち間違えのないよう注意する必要がありますね。

ではレジでPayPayで支払う流れについて画面イメージと合わせてご説明します。

PayPayを使ってQR決済する手順

1.受付で衣類を出し会計してもらいます。

2.店員さんから支払い会計額を伝えられたら「PayPay(ペイペイ)でお願いします」と伝えましょう。

3.お店に置いてあるポップに印刷されているPayPayのQRコードを読み取るよう案内されます

 

4.PayPayアプリのお支払い画面の下にあるメニュー「スキャン支払い」をタップしてリーダーを起動します。

 

5.PayPayアプリの「読み取り」モードになるのでQRコードをカメラでかざして読み取ります。

カメラがとらえたバーコード面が水色になります!

 

6.すると、ホワイト急便の「お支払い金額の入力」という画面が表示されます。

数字キーを入力すれば金額が打ち込まれます。
入力したら金額が間違いないか、店員さんにも画面を見てもらいましょう。

 

7.入力した金額に間違いなければ、「支払う」ボタンをタップします。

 

8.「支払い処理中です・・」の表示になります。

 

9.支払い処理が終わったら、いつもの「支払い完了」のメッセージが表示されます!

無事、支払い完了です^^

以上でPayPayで支払う手順は完了です。

 

お支払い履歴

お預り票

まとめ

ポイント

  1. ホワイト急便ではPayPayを使って決済してもらえる
  2. お店によっては?店内ポップのQRコードを読み取ってPayPayアプリから自分で金額を入力して決済する
  3. 金額に間違いがないか、店員さんに入力画面を確認してもらってから支払いを実行すること

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事