スマホでLINE Payをよく利用していますが、今回LINE Payカードを発行しました。

LINE Payからリアルカードの申し込みをしてから手元に届くまでにかかった日数や、カード到着後、利用開始手続きを行う手順についてご紹介します。

LINE Payユーザーであればカードならもっと利用できる幅も広がってお得に買い物できるチャンスも増えますよ!ぜひご参考いただければと思います。

スポンサーリンク

LINE Payのリアルカードが届いた!

LINE Payはスマホアプリがあれば残高をチャージして対応するリアル店舗やオンラインショッピングでも利用できますよね。

そんなLINE Payにはカードもあって、さらにそのカードにはバーチャルカードとリアルなプラスチックカードに種類が分けられます。

カードがあればJCBと提携する店舗やサービスでの支払いが利用できるので順次拡大しているスマホ決済対応店舗以外でも使用できる幅が広がります。なので今回プラスチックカードを申し込みして手に入れました!

配達されたLINE Payカードに同封されている内容物のご紹介

LINE Payカードは写真のような封筒で配達されます。


裏面

封をあけて中身を確認

内容は、配達先住所や利用開始手続きの案内が記載された宛名状と緑色のガイドラインが入っています。宛名状にはプラスチックカードが貼り付けられています。


モザイク処理を入れていますがセキュリティコードとお客様番号が記されています。

カードの利用には自署が必要なのですぐに自分の名前をサインしておきました。

同封されているステップに沿って登録を済ませないとシステムと連携できないためさっそく利用開始手続きを行いましょう。

LINE Payのリアルカードが届いたので利用開始手続きをした手順をご紹介

カードの申し込みをする必要がある

当然ながら、まずはリアルカードの申し込みをする必要があります。

私がすでにLINE Payカードを申し込み済みのため申し込み画面が表示できないので手順だけ以下にご紹介します。

LINE Payカードの申し込み手順
  1. LINEアプリのLINEウォレットを開く
  2. LINEウォレットからさらにLINE Payの画面を開く
  3. LINE Payの画面下のほうにある「設定」をタップ
  4. 設定の画面にある「LINE Payカード」メニューをタップ

ここまでスマホの操作をすると、LINE Payカードの申し込みをまだしていない場合、申し込み画面が表示されます。

欲しいカードのデザインを選んだり名前と住所の入力をして申し込みを完了させたら、カードが郵送されるのを待つことになります。

利用開始手続きの手順

1同封されている用紙の「STEP1」にあるQRコードをスマホのQRリーダーで読み取ります。
2「LINEで開きますか?」というメッセージが表示されるので「開く」をタッチします。

3利用開始手続きの画面が表示されます。

プラスチックカードの裏面に記載されているお客様番号の下3桁の数字を入力します。

4番号を入力

「入力してください」の部分をタップすると数字キーが出てくるので番号を入力しましょう。

5入力したら「確認」ボタンをタップします。

 

6LINEウォレットの残高画面が表示され、手続きは完了です。

以上です。作業が少なくて簡単ですよね?

 

手続き完了後の確認


利用手続き完了後、LINE Payからメッセージが届きます。

LINE Payの設定から利用状況を確認
  1. LINE Payの画面から「設定」を開く
  2. 設定メニューから「LINE Payカード」をタップ
  3. 利用状況を確認
これでもうすぐに利用できちゃいます^^

LINE Payにすでにチャージ残高があるので、カードでの利用も可能となります!

申し込みから自宅に届くまでにかかった日数は?

届いたLINE Payカードの利用開始手続きを行ったのは5/28(火)の日中ですが、私がLINE Payからカードの申し込みをしてから自宅に届くまでにかかった日数は5日間です。

申し込みから自宅に届くまでにかかった日数
  1. 5/20(月)の夜にスマホのLINEウォレットから申し込みを完了プラスチックカードの申し込み完了時、バーチャルカードの利用が停止されます。
  2. 5/24(金)の朝10時に発送の通知メッセージがきた
  3. 5/25(土)の午前中に自宅に配達された

まとめ

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事